生酛 純米酒 3種類あります


自然な流れでゆったりと、お米がお酒に変わっていく。。
生もと(きもと)造りの純米酒。
原料米違いで、五百万石、改良雄町、山田錦、の3種類があります。
温めて飲んで頂く事を想定して出荷しております。ぜひお燗で。

五百万石は、結構酸味が尖ってます。赤身肉などと合わせたら良い感じです。
改良雄町は、味幅があります。レバーペーストなどとどうぞ。
山田錦は、3種の中ではバランス良く、丸みもあります。生もとで迷った時はどうぞ。



玉櫻では、速醸もと(そくじょうもと)と生もと という2種類のもと造り(酒母づくり)方法を採用しております。

大雑把にいうと、速醸もととは現代的なもとの造り方で、蒸米と麹と水を混ぜたものに、精製された乳酸液(もとを酸性に保ち、雑菌に対する抑止力となります)と培養された酵母を添加し、酵母を短期間で純粋に増殖させる方法です。

生もとは、江戸時代に完成されたといわれているもとの造り方で、蒸米と麹と水を混ぜたものをまず乳酸発酵させ、雑菌に対する抑止力となる乳酸を蓄積させ、その後、酵母の増殖を待ち、湧いてきた酵母を純粋に増殖させる方法です。

結果としては、強い乳酸酸性のもとの中で酵母が純粋に培養されている。という似たような事になるのですが、出来上がったもとの風味は大きく異なります。

もとの風味は、酒の押し味に現れてきます。

醪期間を経て、しぼられたお酒を火当て、熟成していくと、生もとで造ったお酒と速醸もとで造ったお酒の違いは、より明確になってきます。生もとには、速醸では表現しにくい力強さに加え、何とも言えない趣があります。造っていても飲んでいても、面白いなと感じるお酒が生もとです。

2017年02月01日