殿(しんがり)



軽く優しく飲みやすく、ついついいたずらに盃を重ねてしまうような魅力を持ったお酒を、と思い企画しました。

私(杜氏の尚平です)は、うだうだ長く飲む事が多く、そういう人を島根では「ござなめ」というらしいのですが、そんな時には決まってお酒を若干加水した後、燗をつけて飲んでいました。
加水したばかりのお酒は若干荒く、水離れしてます。酔ってるからその点はあまり気にならないのですが、加水するのが面倒でした。酔ってるので、手が滑って水をかぶせすぎたり。。。

じゃあ最初からそんな場面で飲むための純米酒を造ったらいいじゃない。

と考え、ある意味自分用につくってみました。かなりピーキーな調整ですし、需要があるかどうか不安だったので、まずは少なめに瓶詰めしたのですが、意外と全国にもござなめさんは多く、今や定番商品となっています。

殿(しんがり)という名前は、当時蔵人として手伝いに来てくださっていた地元の方が、とにかく競馬が大好きで、殿一気がどうのこうのと楽しそうに話しておられたのが印象的で、宴会の最後辺りで活躍するお酒になれば良いなと思い、殿(しんがり)と名付けました。本来の由来はウィキペディアをどうぞ。

殿を飲んで終わりにしようと思ったんだけど、なかなか終われない。。と言われるのが一番嬉しかったりします。

 

2017年01月19日